クレジットカード

ANAマイルを貯めるクレジットカードは『TOKYUカード』がおすすめ

投稿日:2020-02-13 更新日:

今まで『ソラチカカード』をマイルを貯めるために使っていた人におすすめしたい『TOKYUカード』、こちらについてまとめました。

マイルを貯める参考にしてくださいね。

 

『TOKYUカード』ってどんなカード!?

 

『TOKYUカード』とは東急グループの東急カードが発行しているクレジットカードです。

その中で、ANAと提携しているカードが今回おすすめする『TOKYUカード』になります。

正式な名前は『ANA TOKYU POINT Club Q PASMO』です。

 

カード発行会社は三井住友カードになっています。

ANAの提携カードはたくさんあってどれがどれなのか分かりづらかったりしますが、券面はこんな感じです。

ANA東急カード

 

『TOKYUカード』にはどんな特徴がある!?

 

ANAとの提携があるので、ANAのマイルを貯めることが可能です!

かつ、東急カードなのでTOKYU POINT加盟店ではTOKYU POINTを貯めることもできます

さらに、東急線の電車やバスでのPASMO利用でもTOKYU POINTを貯められるようになっている1枚で何役もこなすカードです。

 

以下のように、ANAマイルを貯めている人にとってはとってもお得なカードです。

 

 

このクレジットカードを使うことによって、三井住友カードの『ワールドポイントプレゼント』をマイルに交換することができTOKYU POINTを貯めることによってそれもANAマイルに交換することが可能です。

しかも、TOKYU POINTからANAマイルへの交換率は1000 TOKYU POINT ⇒ 750マイルという高還元率になっています。

 

クレジットカードの利用ポイントだけでなく、TOKYU POINTも貯めることができ、その両方ともANAのマイルに交換ができるというところがこのカードの魅力です。

このような特徴からANAのマイルを貯めたい人にとって必須のカードといえるでしょう。

 

実際に、これからマイルを貯めてみたい!という人に私もおすすめしているカードです。

 

ANAVISAカードとTOKYU カードはどっちがよい!?

 

実はこのカード私が以前おすすめしていたANAVISAカードと同じ『三井住友カード』が発行しています。

現在、ANAVISAカードとTOKYUカードの両方を持っていることになるのですが、三井住友カードの会員サイトである『Vpass』はカードを切り替えることで一つのアカウントで管理することができます。

今まで貯めていた『ワールドポイント』は2枚のカードのポイントを合算して貯められるようになりました。

 

もちろん、それぞれに年会費がかかりますが更新の際は更新ボーナスマイルがそれぞれに1000マイルずつもらえることもあって今のところどちらも所持する予定です。

 

もしどちらか1枚にしたいという場合は、TOKYU POINTの他にはない還元率を考える場合、『TOKYUカード』一択になるでしょう。

 

ただし、これまでのソラチカカードのように還元率が悪くなったり、ポイントの交換ができなくなったりする可能性は十分に考えられるので安定の1枚として『ANAVISAカード』は持っておくべきカードではないかなと思っています。

ちなみに、ソラチカカードはしばらく持っておこうと思っていたのですがこちらはほとんどというか全く出番がなくなったため解約しようかなと思っています。(ただ、年会費は設定により安くできるのでわざわざ解約しなくても…と迷っている部分もありますね(^^; )

 

以上のことから、これからANAのマイルを貯めてみたい!という人には『TOKYUカード』をおすすめします。

 

すでにANAVISAカードを持っている人は、ゴールドカードでない場合はこのTOKYUカードに切り替えるもよし、2枚とも所持するのもありです。

 

あなたの合う方法でトライしてみてくださいね!

 

 

 

-クレジットカード
-, , ,

Copyright© マイルdeトラベル , 2020 All Rights Reserved.